シルバーアクセサリー

シルバーアクセサリー

シルバーには金やプラチナほどではなくとも重量として価値がついている金属となり、
純度を重視して買い取られるもの
です。
一般的な種類としては「SV1000」「SV950」「SV925」「SV900」などがあり、
いずれも銀の純度を表しています。
たとえばSV925ですと、1000分率で表されているので銀の含有量が92.5%となります。
のこり7.5%は銅や亜鉛などの金属で構成されており、
これらの合金はもともと強度の弱いシルバーの耐久性を増す働きをしています。
SV925はもっともシルバーアクセサリーに適しており、
アクセサリーとして欲しい輝きをそのままに、必要な強度を持った純度なので最も多く利用されているようです。
SV1000はあまりにもやわらかいため、機械などでの加工は困難なほどです。
そのためこのようにある程度合金を混ぜて耐久度を上げた、
アクセサリー加工などに適しているSV925が生まれたのです。
もちろん、シルバーはそのまま貴金属としての価値もありますが、
各所有名ブランドがアクセサリーに使っているため、そのブランドでの価値も付属しています。
もちろん純度が高くなるにつれて銀の価値は上がりますが、
ブランド品も取り扱いしているところでしたらブランドの付加価値もつくでしょう。
金やプラチナを使わないアクセサリーには、多くシルバーを利用しているブランドもあります。
ブランドのネームバリューがありますので、そのため人気ブランドのものは
比較的高値で買い取りをしてもらえることもあるのです。
そこで注意しておきたいのが、シルバーアクセサリーの状態です。
シルバーアクセサリーが変色しやすいのがデメリットで、すぐに黒ずみ、黄ばみが起こってしまうのです。
これらは硫化というもので、人間から出る汗や油などにある硫黄の成分と化学反応を起こすため
このように変色してしまいます。
温泉につけるとシルバーアクセサリーが変色してしまう、
というのもこの硫黄とシルバーの化学反応によって起こることなのです。
ですがこれらはあくまで表面的におこることなので、あまり悲観することもありません。
きちんと表面を磨くことできれいになる可能性は高いので、
もし黒ずみや黄ばみがでていても諦めないでください。
普段からアクセサリーを外したときにでも、メガネふきなどで磨くと変色は起こりにくいですが、
もし変色した後でも市販のシルバークリーナー、重曹とアルミホイルでのお手入れもありますので
いろいろな方法を試してみましょう。
 
・シルバーの買い取り
シルバーも、金やプラチナほどとはいかなくても貴金属としての価値があります。
そのため純度が高いほどにシルバーの価値があがるのです。
この純度は1000分率で表されており、SV950など刻印がされています。
この純度なのですが、シルバー自体やわらかいので耐久度をあげるために他の合金が含まれています。
機械を使っての加工に純度が高いものほど耐えられないので、
SV925がシルバーアクセサリーで一般的となります。
逆にハンドメイドで取り扱いされるシルバーは、SV950と少し純度が高くなっているのです。
ハンドメイドですと逆にコレくらいの強度のほうが加工しやすいので純度を上げているものと思われます。
そのため、純度の高さで言うとシルバーアクセサリーはブランド品ではなく
ハンドメイドでも重量買いの対象となる
のです。
使わなくなって長らく経ったハンドメイドのシルバーアクセサリーも金属としての価値は失っていません。
特に趣味で作っていて、今はもう飽きてしまった…という方は是非そのシルバーアクセサリーを
買い取りにだしてみてはいかがでしょうか。
シルバーそのものはとても安いのですが、まとめて売りに出すと納得いく価格を提示されやすい傾向があります。
 
・ブランド品は再販している店へ
シルバーそのものの価値はとても低いもので、純度がSV925ですとアクセサリー加工には向いているので
数は多いものの金属としての価値はあまり高いものではありません。
シルバーを扱っているブランドは数多く存在し、中には芸能人が愛用しているブランドもあるため
人気自体は高いものとなっています。
そのためSV925だとしても有名ブランドのものは、そのまま中古商品として販売している店舗に持ち込んで
買い取り査定をしてもらうほうが高い値段がつく
のです。
ブランド品ということで購入時は高額なものも多いです。
少しでも高く買い取ってもらうためには金属としての価値だけではなく、
ネームバリューも価値として考えてくれるところに査定に出すのが一番でしょう。
シルバーアクセサリーも販売証明やギャランティがあるならば
購入時のまま保管しておくのをおすすめいたします。
再販する予定の店舗ですとこれら付属物が揃っているというのは価値のある状態なので、
買い取り時にも値段を上げてくれるのです。
ブランド品に関しては金属としての価値ではなく一つのアクセサリーとして売るので、
黒ずみや黄ばみがあるようでしたら、きちんと事前にクリーニングをしておきましょう。